講習

社会保険労務士とは、企業の発展と企業に従事する労働者の福祉の向上を役割とする職業です。
労働・社会保険・人事・労務管理といったことの専門家であり、企業にとって必要な『人』の採用から退職までに関わることに対応します。
行政機関へ提出する書類を作成・手続きの代行・事務代理や帳簿書類の作成、企業の『人』に関するコンサルティングが主な業務となります。
昨今の年金問題やセクハラ・パワハラ問題など、需要がある職業です。
社会保険労務士として働くためには、まずは資格を取得することが必要になります。
1年に1回行われている試験に合格し、全国社会保険労務士連合会に登録し、各都道府県の社労士会に入会して、初めて社会保険労務士として働くことができます。
試験に合格しても、その後連合会への登録・社労士会への入会をしなければ、社会保険労務士として働くことはできません。
社会保険労務士の試験を受験する前に確認しておきたいのが、受験資格を満たしているかどうかです。
学歴・職歴・国家資格によって受験資格が定められていて、いずれか一つに該当すれば受験資格を得ることができます。
この受験資格があることによって、将来性・信頼性がある国家資格となっています。
社会保険労務士になるための勉強方法には、独学・通信教育講座・専門学校への通学といったものがあげられます。
時間にも経済的にも十分な余裕がある人であれば、専門学校への通学という選択肢があります。
しかし、現在仕事をしている人や経済的にあまり余裕が無いという人は、独学・通信教育講座を受講するという方法があります。
独学・通信教育講座のメリットは、自分の都合で勉強を始める・進めることができる、費用を抑えることができるといった点です。
ただし、きちんと計画を立てて勉強を進めていくよう、自分自身に対して厳しくする必要があります。
昨今では、様々な企業から社会保険労務士の通信教育講座があり、難しいといわれる試験合格を現実のものとしている人もたくさんいます。
 

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031